事前資料を読もう

まず、事前資料を読もう
多くのワークショップでは、事前に資料が送られてきます。必ずこの事前資料に目を通しておきましょう。「とても時間がない」その通りです。「少し読んでみたけどよくわからない」そうかもしれません。「届かない」それは困りました。
でも、ワークショップに参加すると言うことは、そのために一定の時間もお金も自分自身のために投資することです。それを少しでも有意義なものにするためには、事前準備がとても重要です。もちろん、余裕があれば事前にすべての資料に目を通し、要求されている作業をすべてやってくるのがよいでしょうが、なかなか難しいかもしれません。全部でなくても構いません。できるだけ目を通し指定された課題に取り組んでおくことで、ワークショップ最初の緊張感も少なくなり、よりスムースにとけ込むことができるでしょう。
参加者のみなさんのことを知りたいと思ってアンケートなどが入っていることもあります。他にどんな人が参加するか、チュータやファシリテータがどんな人か紹介されているかもしれません。
もし、準備された資料が入念に準備されたものであれば、きっとワークショップの目的は何で、事前に何をするべきかというメッセージが示されているでしょう。まず、そこを確認しておいてから準備を始めておきましょう。もしかすると、グループワークのポイントや秘訣まで書いているかもしれません。
これらすべては、ワークショップでのグループワークを有意義なものにしようという計画した人の熱意の表れです。ぜひ受け止めて下さい。

事前資料の配布方法もさまざまなものがあります。最近では、郵送ではなく、電子メールの添付ファイルやインターネットのサイトからのダウンロードといったことが増えてきました。送る側にとっては便利ですが、不慣れな方にとっては、難しく感じられるかもしれません。送る側は参加者の方に事前資料を届けたいと思っています。入手が難しいとき、届かないときには遠慮なく確認しましょう。それは、あなたの期待と熱心さを相手に伝えることにもなります。

さあ会場へ行きましょう